2013年11月

2013年11月22日

大槌町復興支援コンサート『ジャンゴ108 in 神楽坂』




0001Fe

今夜は新しい場所へ出掛けました。
先日出会ったバイオリンの御鈴さんのご縁で、この支援コンサートに参加しました。

ギターの河野さんにも久しぶりに会い、
ガラクターズという子供バンドを一緒にやった懐かしい話などで盛り上がりました
↓これはそのときの写真です!
ガラクターズ5名

子供たちのために
紙コップと輪ゴムで手作りの楽器をつくっているところです。
懐かしい〜。
フミくんゴムギター作り

月日の立つのは早いなあ。

話は戻って(笑)
みすずさんと河野さんお二人のお陰で和気あいあいとした空気の中で大勢のなかで
過ごしました。
沢山の出演者がいる中での二人の何気ない気遣い。
ありがとうございました。

私はセッションのような場所へ行くことはまずないのです。
みなさん顔見知りで参加なさっているなか、場違いだったかなあ、と
一瞬思ったのですが、リハで音を出せば、知らない人(私)が
誰か、人は感じるんですよね。
それで声をかけていただいたりして近くなります。
音って言葉よりずっと早い。
毎年続いて本当に108人になったらいいな。
皆様、応援してくださいね。

牟田祀也さん(マッシュレコード代表)、 臼澤裕二さん(うす沢代表)
そして「ジャンゴ 108 in 神楽坂」開催実行委員会の皆様、
おつかれさまでした!


〜きょうゲットしたことたち〜
楽しい気持ちと温かいムード
新しい出会い
CD(ご一緒した河野さんのソロアルバム)
とても素敵な音なのです。
下記より入手できますよん是非〜。
河野文彦『f』 


好い週末をお過ごしくださいね


 


mikiviolin at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ライブ 

2013年11月19日

2013年 11/17 ~木内哲也 音楽塾~



0001FH



チェリストで名教授の木内哲也さんの公開レッスンを聴講しに行きました。

ひとことで言うと、
行ってよかった。素晴らしいレッスンだった。
音楽は隅々まで全ての自分の魂で、その時代、その作曲者、その言語、
その楽譜、全てで音になる。
自分の内側の様々な感覚を確認しながら聴きました。

全ての曲を、チェロで弾いて教えるのですが、その音の凄いこと!
楽器ってこんな音だったかと思うような音!
素晴らしい楽器をお持ちですが、お弟子さんのチェロを持って弾いても、
やっぱり凄い音が!
あの音色、発音、音の使い分け、側で生で聴いていたら
離れられない心地ですね。
レッスンでは、手首と上腕部、どちらが必要か、人間の身体の創りにあった
論理で、私にはとてもしっくりくる指導でした。
それが、ピアノでも、声でも、同じように教えます。
教えるときに歌うことがありましたが、話す声とは全然違う声楽の声。
あと譜面に書いてあることを、とても大切に読みます。
私にはそれも感動でした。
あとは弓の使い方。
その曲に欲しい音楽にならないなら、むやみに難しい弓はやめて、返してよい、
という指導。
私もそう思うんですよね。
出た音が良ければ、その音で判断するのがいいと思います。
その音楽になるように使えればいいと。


彼の略歴を、、
彼は桐朋音楽大学のチェロ科から、ハンガリーのリスト音楽院へ。
卒業後、ハンガリーの音楽院で数々のお弟子さんたちを
ハンガリーのコンクールに出場させ、たくさんのお弟子さんが入賞しました。
現在、日本在住。
詳しくは一番下のオフィシャルサイトをご覧下さいね。

木内さんとは、20代の頃からの友人です。
パリで、お互いに楽器を持っていて偶然知り合ったのでした。
彼はハンガリー在住で向こうの音楽院で教鞭をとっていて、叔母様の住むパリに
遊びによった後、日本での公演をしに行くところだったのです。

今日、最後のレッスン曲、ブラームスを聴きながら、その魂の奥からの情熱の音楽を
聴きながら、思わず目頭が熱くなりました。
その訳は、彼はいつでも友人でいようと、ときおり連絡をとってくれていました。
そのお陰で繋がったり、また音沙汰がなくなったりしながら今も友人で居てくれる。
ハンガリーを去り、日本に帰国なさったときは、
すでに連絡先がわからなくなっていました。
そしてFaceBookで再会!
私は、ものすごく久しぶりと思って、見つけてくださったことに感動しました。
のですが、
「ブログにコメントしたじゃないか、てっきりわかってると思ったよ。」
木内さんのコメントのニックネームがテストーレでした。
彼だとわかる楽器の名前です。
なのに、私は丁寧な方だわ〜と思ってコメントに返信していました!
もう私のバカバカ(笑)
そ、それならメッセージくださればいいのに〜。
気づかぬ自分の間抜けさもですが、木内さんの大らかさもなかなかです。
みんなにとっても優しくて、みんなに沢山エネルギーを使います。


木内さんに会うといつも、こう聴かれます。
「楽器は元気?」
私はコーニャというイタリアのクレモナの楽器を使っていますが、
彼はいつも楽器のことを気にかけてくれて、まるで友人のように
私の楽器の調子を聴いてくれます。
彼は元気?って言われているような。
まだ同じ彼なの?うまくいってる?
そんな感じかな(笑)

もうひとつ久しぶりに会うといつも言われる言葉があります。
「貴女は僕の8分音符が違うって、出会った頃から言っていたね」
そうなんです。
私のなかで思っていることがあって、木内さんはそれを素晴らしく
再現する方で、全てが。
音の出し方、弓の使い方、その曲ごとに、作曲者ごとに、
言語ごとに。
考えてみれば、木内さんに8分音符の話をするなんて
なんて無謀な!それも20代のころに。
でも、それが繋がりのひとつだったかもしれません。
パリと8分音符の繋がり。
飛行機のなかでいろいろなお話をしてくれたのを、
まるで昨日のことのように映像で思い出します。
ハンガリー語は、うーん、難しくないよってそのとき教えてくれましたが、
感覚にないもので新しい感覚でした。うん。

そうそう。
公開レッスンで興味深いお話が聞けました。

(チェロの先生で)一番怖かったのは、堤先生だね。
彼は、レッスンのときこうして座って(と、ジェスチャー)
「聴かせていただきます」
そういってレッスンするんだよ
一番こわかったなあ

うん。素敵な先生ですね♬


では木内さんが指導している高校の弦楽アンサンブルの演奏をおききください。
一人一人が音楽を楽しんで、
のびのびとソリストのように弾いている姿が感動的です。
ときどき微笑みあって視線を交わし合うメンバーの様子も素晴らしい。
今年2013年の弦楽のためのアンサンブルなどは、驚きの躍動感です。
木内さんは1年に15回程度の指導だそうです。
こんなになるのはすごい。
最近では伝統ができてきたそうです。
音楽になっているというのはこういうことだと思うし、
彼らはとても幸運だったと思います。
きっと一生、この楽しい瞬間をクラシックで味わったことを
忘れないでしょう。
聴く度に胸がいっぱいになります。

こちらはチャイコフスキーの弦楽セレナーデ
最終章

 
こちらは、芥川也寸志の弦楽のための3楽章
今年の演奏です。
 


最後に。
今日まで友人でいられるのは、いつでも優しい貴方のお陰です。
何があっても、何をしても、変わらず大らかに友人でいてくれる。
木内さん、長い間つながっていて下さって、ありがとうございます。
素晴らしい音楽は誰にでも体感できることを、まずは日本に広げていってください。
それは貴方の素晴らしい使命よね。

Eddig, koszonom,Tetsuya.
Is, hogy a kulonboző talk! 
A jovőben, koszonom.
先に言っておきます
(ところで、このハンガリー語はあっているのでしょうか.....)

木内哲也オフィシャルサイト


mikiviolin at 20:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | アーティスト紹介

2013年11月18日

いろいろ♬


0001UA


ずううううっとブログ更新をさぼりがちで、かなりはしょって
ダイジェストでお届けですm(_ _)m

ピアノのフレッド、ベースの新岡さん、ドラムのひろきさんとのカルテット、
楽しかった〜。
歌も入れて、和気あいあいと楽しいギグでした。
私はフランスの曲が好きで、たまにフランス語で歌います。
フランス人のフレッドとは、他の誰も知らない曲でも
すぐわかりあえるニュアンスがあります。
それにクラシックを弾いていたときも、フランクのソナタからはじまって、
圧倒的にフランスの曲が好きだったことに最近気づきました。
控え室も静かでのんびりした穏やかな楽しいムード。


00019a

フレッドつながりでもうひとつ。
フレッドとギターのブルーノの演奏しているお店へ。
ブルーノに会うのもひさしぶり! 
嬉しかった!
フレッドはピアニカ。
笹塚にあるメゾン・ブルトンヌ・ガレット屋です。 
相変わらずの温かく楽しい人柄と演奏にりら〜っくす。
好きなフランス曲いっぱい。
ちょっと参加.....したら、コンタクトを入れていなくて
うっかり譜面が全く見えなかったり...(汗
メガネをかけました^^;
眼鏡をかけるとイメージが変わるのですが、
ああ、まじめ〜まじめだ〜
とフレッドに言われました。
いや、まじめですから(笑)


0001Fu


こちらも楽しい夜でした。
仲間って素敵
またみんなとLet's play together soon!!!








mikiviolin at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | Party Gig

2013年11月17日

2013年文教の森収穫祭


0001O7

今年も文教の森の収穫祭のミニコンサート行って参りました。
去年と同じく、大塚さんとデュオです。

0001qa

森はとても気持ちよく、みなさんの自然な笑顔が溢れます。

文教大学

空に向かって広がる校舎。
秋色です。
その先にあるのが森。
ブランコ

森を化学するというテーマの元、木の手作りのブランこ。
乗りました!
木の枝にぶらさげているので、その弾力で普通のブランコより
より漕ぐのに力がいります。
久しぶりのブランコ、こんな森のなかだと、自分が森の小人になったような。

ハンモック

ハンモック。
生まれてはじめてハンモックに寝ました。
ゆらゆら揺らしてもらったら、夢心地。
こんどは森に住む妖精のような気持ちに。



0001q8
 
 演奏は。。
みなさんの周りを歩き回ったり。
バイオリンとアコーディオンのことを少しおしゃべりしたり。

0001pL

加田洋子さんが、バナナスコーンの差し入れを持ってきてくださいました。
帰りにぱくっと頬張ったら、口一杯に驚くような優しく包むような愛の味が
広がりました。
彼女より、彼女をかんじるようなその味わいに、これが彼女の人生なんだなあと
胸いっぱいに彼女を知りました。
ああ、お菓子でそういうことが出来るんだ。
とても新鮮な感動でした。彼女の様々なセラピー、リンクを覗いてみてくださいね。


文教大学の海津先生、並びに、森プロジェクトの学生のみなさま。
ありがとうございました。
また来年も、みなさまにお会いできることを心待ちにしています。

素敵な森と、素敵なみなさん。

また 来年までアデュ〜




mikiviolin at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | ライブ