2013年06月

2013年06月25日

イヴォンヌの香り


パトリス・ルコント監督の映画、イヴォンヌの香り。
ここ最近、一ヶ月か、もっとかわかりませんが
その映画の場面が時折頭をよぎり、気にかかっていました。

私が好きなその美しい場面です。

 
彼女は、私の想い出に、といって彼に渡します。 
船を降りる時、彼は、これを海に流せば想い出は君自身だけになる
そういって海に捨てます。

イヴォンヌを愛したもうひとりの年配の男性
ここでシルクのネクタイは締め難いと言って
イライラしている黄色のジャケットの男性です。

 

この二人は彼女を愛したのです。
若い男性は伯爵です。
イヴォンヌは伯爵と結婚すると言っていた。
でも、彼が彼女が女優になるように本気でアメリカへいこうとすると
彼の元を去ります
その日暮らししかできない彼女。

先日、役者さんでもあり今はエンターテイナーな歌手として活動する
竹中悠真さんに、アーサー・ミラーのセールスマンの死という
戯曲がとても良くて、好きだと伺い読んでみました。
アーサー・ミラーは一時期マリリン・モンローの夫でもありましたね。
その戯曲に登場するセールスマンの息子ビフ、彼はルックスは魅力的でしたが、
仕事がつづかず転々と仕事をかえ、34歳でも職が定まらず実家に戻っています。
自殺寸前の父親と対面することで、ビフは自分の人生がなぜこうであったか
急に思い当たるのです。
彼はそこに幻をみていたのです、自分ではない自分を。
そんなはずではないと、いつも何も努力もせず生きて何かが自分を大物にすると
勘違いしていたことに気づくのです。
イヴォンヌは、努力のできない女性、その若さと美しさで
受け入れてくれる自分を認めてくれる男性の元でこそ、その弱い心を
保って生きているのでしょう
この2つが自分のなかで繋がって、色々なことに想いを馳せました。

私の周りには、イヴォンヌのような女性をほんとうに愛する人はいないかもしれない。
自分を磨いて頑張る女性を好きな男性が多いように思います。
でもある意味、彼女のままで愛してくれる男性がいるのは素晴らしいと思う。
何かそこになくても、ただ愛してくれること。シンプルに。
とはいっても、イヴォンヌの美しさは男性を幸せにするでしょう
男性がそこに財力というものを持っていたなら幸せを続けることもできるかも。。
そして何も彼女に望まなければ....
彼女は、この二人の男性の元を離れて、コンテストで出会ったやり手の
男性の元へ行ってしまいます
自分を美しいと思い、そのままでいて心地よくさせてくれる相手の元へ。
イヴォンヌのこういう浮き草のようなその場限りの生き方も、わかるんです。
踏み出すのも怖いし、ほんのちょっと何かになれる夢見心地の気持ちのまま気楽に生きていたい。
この若い伯爵をイヴォンヌは愛していたと映画のなかでわかります
年配のほうの男性はイヴォンヌの側にいることでの愛を失い、
結局は伯爵の目の前で自殺します。

人の人生を切り取ると、こんな場面がどこかにあります。
とりとめのない終わる事のない幻のようなものが自分のなかに残る映画でした。
美しく、儚く。
パトリス・ルコント監督の映画、好きです。

ずっと前に観たことも懐かしく、
私にとっては懐かしい気持ちを思い出すそんな映画です。



いまGyaoでイヴォンヌの香りと髪結いの亭主も無料配信しています。

イヴォンヌの香り

髪結いの亭主
 

mikiviolin at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 映画・エンターテイメント 

2013年06月23日

初心者の生徒と動画【渡辺美貴ヴァイオリン教室レッスン生募集中!】



現在、出張レッスンとスタジオを借りてのレッスンを中心に
ヴァイオリンのレッスン生を募集しています。



この動画では、初心者の生徒と即興演奏をしています。 
ヴァイオリンを持つ事、ピッチカート、弓を持つことを習ったあとに、
開放弦を弾くのですが、生徒はその開放弦を弾いています。
開放弦とは、指を使わないで演奏することです。

私のレッスンでは、
演奏するということが、
音楽をするということが、堅苦しいものではなく、
楽しめることであることを感じられるレッスンを行っています。
習いはじめでも、ピアノやヴァイオリンで伴奏をつけたりしながら、
私自身が演奏活動をしてきたなかで培ったものを
全てレッスンに使い、生きた音楽を学んでいただきます。

メールでのお問い合わせは
info@miki-violin.com
まで
題名に、『レッスン問い合わせ』としてお気軽に
お問い合わせください。

場所:湘南の一部
東横線沿線、小田急線沿線、東京都内など。 
皆様からのお問い合わせをお待ちしています。
スタジオその他で、すぐご連絡できない場合も
2日以内にはご返信さしあげます。



渡辺美貴オフィシャルウェブサイト

【ライブ情報!】
2013/7/28 sun Feel Me! Vol.5 Summer Dinner Live
@乃木坂国立新美術館内ポール・ボキューズ・ミュゼ

料金/10000円
17時〜 ディナー
18時半〜ライブ
21時閉館

お申し込み/振込完了でお申し込みとなります。
題名に「7/28予約」、本文に、お名前、お電話番号、人数を明記の上、
info@miki-violin.comまでご送信ください。
折返し、お振込先をお知らせいたします。お振込完了でお申し込み完了となります。
手配の都合上、キャンセルでのご返金は出来かねますのでご了承くださいませ。
みなさまのお越しをお待ちしております。

詳しい内容はこちらのブログををお読みください。
7/28 Feel Me! Vol.5@ポールボキューズミュゼ
0001lh0001pc









 

mikiviolin at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote お問合わせ | レッスン

2013年06月20日

7/28 Feel Me! Vol.5 フライヤーが出来ました!



7/28のフライヤーです♫
夏のひととき、皆様とゆっくり涼しい時間をすごせたらと思っております。
ぜひいらしてくださいね!
0001lh


0001pc


【お申込み方法】
件名に「7/28予約」とご記入の上、
お名前、お電話番号(つながりやすいものでお願いします)
人数、を明記しメールをご送信ください。
折返し、振込先をお知らせいたします。
お振込の確認ができましたらお申し込み完了となります。
また、食材その他の準備のため、キャンセルは
基本的にお受けできませんので、ご了承くださいませ。

場所:国立新美術館内ブラッスリー・ポールボキューズ・ミュゼ
料金:10000円
(ミュージックチャージ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、デザート後のお飲物、税金全て込み)
今回は、マヌーシュなスタイルや、フランスの曲を交え、洋楽を中心にお届けします。
開場:17:00pm〜ディナー
開演:18:30pm〜ライブ
閉店:21:00pm

メンバーBass /永塚博之Guitar/諏訪光風
詳細はコチラのブログで♫


Design By
Design Studio tomato



 

mikiviolin at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Fell Me!ライブ 

2013年06月14日

華麗なるギャッツビー



trailer3-1280x632


本日公開の華麗なるギャッツビーを観ました。
なぜかこの映画はディカプリオがどんな風かとても観たくて。
やっぱり好きな俳優です。
あの演技がとても好き。
3Dで観たので、近くに触れるようで、
実物に会いたいなあと(遠くからでも)感じました。


なんでもそうですけれど、なんでもない曲、なんでもない台本であっても
そこにいる表現者が素晴らしいと、そこに命が与えられて生まれ変わります。
ディカプリオ(ギャッツビー)も、語りをするニック(ギャッツビーの友人になった男性)
も、その素敵な演技で、魅せてくれました。

 
GG-12703-1280x632


ディカプリオの奥深い人間の心理表現と、ひととき違う時代に
行く事ができ、頭がすっきりしました。

 
GG-22844r-1280x632


華麗なるギャッツビー公式サイト


 
GG-00286-1280x632

この厳しい表情も、一枚目の魅力溢れる笑顔も、こういった表現が
ディカプリオだなあと思うのです。
それが観たい。私にとってはそういう俳優です。 

人はいつの世も同じ。
その心も哀しみも。

みなさんも行ってみますか?
ディカプリオの創る世界へ。


 


mikiviolin at 23:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 映画・エンターテイメント 

2013年06月13日

2013/7/28 Feel Me! Vol.5 Summer Dinner Live




578853_403313756382472_311084122_n


昨年ご好評いただきました国立新美術館内の
レストラン、ポール・ボキューズ・ミュゼで
今年もライブ(Vocal&Violin)を企画いたしました。
今回はベースとのトリオです。
ギターでベースレスの私のライブに
足を運んでくださったお客様には、その安定感が新鮮かもしれません。
5月末のライブ、Beaute Acoustiqueとは違うイメージで
マヌーシュやフランスの曲など洋楽をお届けします。

暑い夏のひととき、広い空間とお料理で
優雅にお寛ぎいただき、
夏を乗り切るパワーにしていただけたらと思います。

自分のライブでは、ただうまく演奏するとか、ただうまく歌うとか
そういうことではなく、 
そこにいらしたお客様との融合を理想としています。
なにより、楽しんでいただきたい。
毎回ライブに足を運んでくださるお客様にも楽しんでいただけるよう
どこかに新しい何かを取り入れるように心がけています。 
 
貸し切りではないため、半分には一般のお客様も入りますが
ライブ時には、BGMは切ります

6/16までにお申し込みのお客様には、先行予約割引
として料金を9500円にいたします。
お振込が確認できた段階でご予約完了となります。


【お申込み方法】
件名に「7/28予約」とご記入の上、
お名前、お電話番号(つながりやすいものでお願いします)
人数、を明記しメールをご送信ください。
折返し、振込先をお知らせいたします。
お振込の確認ができましたらお申し込み完了となります。
また、食材その他の準備のため、キャンセルは
基本的にお受けできませんので、ご了承くださいませ。


料金:10000円
(ミュージックチャージ、前菜、魚料理、肉料理、
デザート、デザート後のお飲物、税金全て込み)
今回は、Beaute Acoustiqueとは違い、
フランスの曲も交え、洋楽を中心にお届けします。


開場:17:00pm〜ディナー
開演:18:30pm〜ライブ
閉店:21:00pm

メンバー
Bass /永塚博之
Guitar/諏訪光風
              
皆様のお越しを心よりお待ちしております
 
0001x4

                                           
去年の模様はコチラ



mikiviolin at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Fell Me!ライブ