2011年06月

2011年06月04日

うれしあわせ


地震の起きる前に書いていた日記です。
不安や心配なく、切なさと幸せを同時に平和のなかで感じる未来が
ありますように。

_________________

さっき、七つの子のチャイムを聴きながら、ふと自分の好きなものに気づきました。 
七つの子を聴くと、ちょっと寂しいような幸せを感じます。 
歌詞が思い浮かぶからね。 

寂しさと幸せ 
悲しみと喜び 
切なく温かい 

そういうものが好きです。 
感情は反対側の感情と、いつも表裏でセット。 
一見反対のようにみえる2つの言葉が重なる想いを、同時に感じるのが好きです。 

さびしあわせ 
かなしあわせ 
なつかしあわせ 
あかるくらい 
せつなあたたかい 
さびしうれしい 
かなしうれしい 

たくさんたくさんあるでしょう。 
どちらも愛する感情で、その感覚を日々感じられるとうれしあわせです。
あ。 
うれしあわせ 
や 
たのしあわせ 
も、あります

しあわせって、かならずどこかに切なさや懐かしさ、 
ちょっぴり心が痛む成分が入っていて。 
七つの子のチャイムを聴くたび、さびしあわせや、 
なつかしあわせを温かく感じる私なのでした。 

みなさまの毎日が、さびしあわせや うれしあわせで一杯で ありますように。





mikiviolin at 07:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary