2009年06月

2009年06月30日

The way we are

追憶





きょうは、ちょっと古い映画を載せます。
映画はたくさん観ますが、思いがけず観た映画が心に響いたりしますね。
ロバートレッドフォードとバーブラストライサンドの映画。
The way we areオリジナルトレイラー
http://www.youtube.com/watch?v=hTXYk-aG79I&NR=1
パート1
http://www.youtube.com/watch?v=xPhlUA15hhI&feature=related
ラストシーン
http://www.youtube.com/watch?v=rL1Sb8Jeewk&feature=related

この映画の最後の場面で泣く予定もないのに、自然に涙がポタっ。
ポタっといえば、じつはこの前、はじめて電車で涙をこぼしました。あることで寂しい気持ちで電車に乗ったのです。
たまらない気持ちでどうしようもなく、すごく寂しくなっちゃった!と、ある人にメールしましたが、それは何年も前にお互いに好きだった今はいい友達にでした。たまたまタイミングよくすぐに携帯が鳴りました。
「どうしたの〜?わかるよわかるよ。いつも○○はみんなに必要とされてるよ、みんなに愛されてみんなから必要とされている存在だよ〜、みんなみんな○○を必要でみんなから愛されているよ、わかるよ、よしよし。」
こんばんはも何もなくそう言うと、彼はじゃあねと言って切りました。そのほんの数十秒、ただただ声なく笑っているだけの自分。冗談のようにも聴こえるその電話に笑っていたのに、切ると同時に雨のようにしずくが目からポタっ。
いつも人からもらっているだけから疲れることはないよというその人からの言葉に、どんなに温かい気持ちになったことでしょう。個人的すぎるエピソードですが、この映画の最後のパートを観て落ちたしずくと同じにポタッ、だったから。優しい気持ちをちょっとお裾分けです。
映画は心から尊敬し愛し合ったまま別れた2人の物語。
だからタイトルはThe way we are。日本語の題名は追憶。
ひさしぶりに観たけれど、好い映画でした。
素直に観ることができて、結婚はしないまでもここまでこういう形で愛し合った相手が自分にいたかはわかりませんが、出逢った人と今も友達でいる人生は自分にとって最高に豊かなものです。
マイケルジャクソンが亡くなったことに、私はなぜかとても心を痛めていて、いろんな愛が自分のなかで交錯しています。
人が温かい気持ちになる愛をずっと人と交わしていきたい。
綺麗な愛を持ちつづけていたら、それは自分の音や周りに居る人の種類もそうなると思います。
周りにいるある年齢以上の人はみんな心の綺麗な素敵な人。選んで生きてきた自分を誇りに思います。
でも、そういう愛とは別の1人の人との愛を持ちたいとも自分に願うのです。
心をたくさん交わし深く深く。相手の人生が自分の人生に、自分の人生が相手の人生になるような。







mikiviolin at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | 映画・エンターテイメント

2009年06月27日

マイケル・ ジャクソン5


こんなマイケルが好きでした。
http://www.youtube.com/watch?v=aF1kVZz6ag8&feature=related

どうぞゆっくり安らかに、天国で笑顔でいてください。
いつもI love youと出逢う人達に言い続けたマイケルさん。
残した家族のこと、気がかりでしょうね、、
すべてがうまく行く事をお祈りしています。

人の何倍、何十倍、何百倍ものエネルギーをつかって来た方だから、たくさんの薬のことや手術のことがなかったとしても、50年の人生は、たとえばのんびり暮らす私の何十倍も濃い日々を生きてきたことでしょう。
それでも今ここに生きているということは、それだけで奇跡なのかもしれない。

尊敬と愛と感謝を込めて。

マイケル・ジャクソンオフィシャルウェブサイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/MichaelJackson/
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/ES/MichaelJackson/

マイケルジャクソン

mikiviolin at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | 映画・エンターテイメント

2009年06月25日

Cheerful Stringsライブ★

ddf811e8.jpg今夜は10年以上のお付き合い、長〜い仲のギタリスト諏訪光風さんとのDuoでした。
私の大好きな女性と諏訪さんの打ち合わせ風景をパシャッ♪
ピントがずれました…
諏訪さんとは同じ3月生まれのせいなのか、彼が出来すぎたお人柄だからか、雰囲気が合っていてバランスがいいと良く言われます。音というか雰囲気。なんとなくわかります。親戚みたいな気がしますから。
やはり付き合いの長さはステージにもでます。
今夜はディキシーの曲目もステージ最後に数曲演奏して盛り上がりました。

楽しい夜でした。
いつもいらしてくださるTOさんがお仲間の社長さんの退職祝いでいらしてくださったり。
たまたま団体でおじさま達が一杯いらしていて、途中で手を振って帰っていかれたり。
その時、ちょうど自分がソロ部分に入るところだったので、弾くのをやめて諏訪さんにソロをしてもらいつつ、ありがとうございました〜!ってマイクでトークしてみました。そうしたら大きく手を振ってこちらに笑顔をくださって。うーん最高。初めての方々がリズムをとりながらお食事して、帰りに手を振ってくださるなんて、とっても嬉しい♪
見知らぬそのおじさまたちと、繋がった気がしました。
次回は7/1すぐですが、またギターとバンジョー両方でのステージを予定しています。
バンジョーとのDuo曲は明るく楽しい。大好きです。
是非いらしてみてくださいね。


【セットリスト】
魅惑のワルツ
ムーンリバー
イパネマの娘
バートランドの子守歌
愛の讃歌
グロース トゥ ユゥ
オールオブミー(バンジョー)


オリジナル結婚行進曲(諏訪さんアレンジでステキです!)
シー(コステロ、映画ノッティングヒルで使われて以来人気の曲です)
ブルーゼット
アマポーラ
シェルブールの雨傘
リベルタンゴ(リクエスト)
テネシーワルツ(バンジョー)
12番街のラグ(バンジョー)


マイナースウィング
虹の彼方に
イエスタデイワンスモア(リクエスト)
黒い瞳
エンターテナー(バンジョー)
世界は日の出を待っている(バンジョー)


諏訪光風
http://www.koufuu.com/

〜お店紹介〜
ピアノ・ダイニング マンハッタンブルー
http://r.gnavi.co.jp/g136912/
地下鉄大手町E1出口サンケイビル
火曜日〜木曜日のBGMステージのミュージックチャージ無料
飲食代金のみ
リーズナブルでなかなか美味しく生の音楽も聴けるお店


mikiviolin at 01:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | お店紹介

2009年06月24日

出逢い♪


私の人生は出逢いで出来ています。
みなさまの人生も、そうだろうと思います。
また出逢ってしまいました♪

せんじつ、とあるお店でのこと。
演奏する前に、ひらひら赤いブラウスと黒いサスペンダーパンツという、いかにも衣装〜な服に着替えてのんびりしていました。
すると小さな女の子が、はにかんだような何か気になる様子でお店をでようとしているお母さまから離れてこちらに寄ってきます。
こんにちは〜^^
手をふってみたら、また寄ってきます。
けれどご両親はもう帰ろうとしています。
お母様が、「すみません、じつは此の子バイオリンを習っているんです」
そうおっしゃるので、バイオリンが気になっていたんだと気づき、「1曲弾きましょうか?」
まだ演奏が始まるまで30分もあるので、それを見ていた店長が気をきかせてBGMを切り、そこで相棒と一緒にバイオリン弾きました。
♪星に願いを☆三拍子で。
すると、お母様が!
「実は母がバイオリンニストなんです。ありがとうございます、○○ちゃん良かったわねー。お礼といっては何ですが、もしお時間あればコンサートにご招待します。」と、7/4の横浜のみなとみらいホールでのクラシックコンサートのリーフレットと名刺をくださいました。
そのお母様は、バイオリニストの名倉淑子さん。
nakura2
検索してみると、フェリス女学院のバイオリンの教授をなさっている方でした。
http://www.ferrismusic.com/nakura.html
この↓7/4の小ホールです。
http://www.yaf.or.jp/mmh/schedule/200907.html

わー、とってもすてきな気持ち。
バイオリンを弾いたら、クラシックバイオリニストに出逢いました。
まだお会いしてもお聞きしてもいないけれど、すごい演奏をなさる方のお嬢さんとお子さんに、バイオリンとバンジョーで☆に願いをを弾いちゃったんですね。
人生って楽しい。
どこでもいつでも出逢いが自分を待っている。
行かれそうだったら、連絡して行ってみたいなあと思います。
みなさまも、ぜひいかがでしょうか?








mikiviolin at 03:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | アーティスト紹介

2009年06月19日

崎谷健次郎

崎谷健次郎さんのライブを見ました。
崎谷さんは私が心から尊敬するアーティストのお一人で、自分が歌手だったら、ああいう音程感で、あの情感で歌いたい、一番そう思うボーカリストでもあります。
バイオリンをあの歌のように弾きたい、そう思った唯一の方でもあります。
お仕事関係である会食でお会いしたのですが、全く存じ上げず、音楽も知らなかったのです。
実際には、私が好きだったCMソングが崎谷さんの曲だったりしましたけど。
そのときは何もわからず失礼だなあと思い、数ヶ月してバラッズ集のCDを購入して聴いてみました。
そのときの私の驚きと感動は今も決して忘れません。
好きな曲、そうでもない曲いろいろあるわけですが、90年代のものなのに新鮮に感じたのです。
崎谷さんはアレンジもなさる方ですからCDも全曲ご本人が作曲、アレンジなさっているんですが、古びていないんです。
それって流行のものとして売っている音楽として素晴らしいことだと思います。
そして曲の命でもあるメロディーが美しいということ。
曲を何度もきいて思いました。
ああ、この方はきっと激しく深い喜怒哀楽を持った方なんだろうな、と。
すべてが切なさでできているような、そんなものを奥に秘めた方なんだろうな、と。
音楽の聴き方さえ知っていたら、人を知る事ができます。
ステージは、明るく、お話もはきはき楽しくてさっぱりした雰囲気ですから、いかにもそういう風には感じられないかもしれません。
いままで色々な経験のなかで、自分の細胞を、無い細胞も新しく作り出すような自分へのパワーとストイックな厳しさを自分に望み、それを形にしてきょうまでずっと生きてこられたんだろうと思います。
28日に六本木のスイートベイジルで今回のツアーの最終ステージが昼と夜にあります。
今回は崎谷健次郎の曲には欠かせないストリングス、バイオリンとチェロが入っていて、とっても興味がありました。
その輝くようなステージを、魂の底から揺り動かされるような真摯な生きる全てを使ったステージを、
みなさんにも体験していただきたいなとおもい、ここに書きました。
こんな言葉をくださったのを今でも覚えています。

「音楽の仕事は、もちろん新しいことやいろいろなことがあって刺激もあって楽しい。けれど、それとは違うから恋はしたほうがいいですよ、その全てが自分の音楽に戻ってくるから。」

ああいう音楽を作る方の言葉らしいなあと感じます。
以前聴いた時より、心が外にでているような、ベールがとれて清々しい様子に感じられたと言うか、
新曲の恋の歌も、いつかどこかで出逢った恋が昇華されてできたような素敵な新曲でした。
その爽やかで、未来への希望に満ちた様子に、心揺り動かされます。

素晴らしい音楽に出逢えたのも、お世話になっているある方のご紹介から。
人に出会うのは素敵で、そこからまた新しく知らない音楽に出逢うのもすてき。
そんな全てが詰まったような崎谷さんのライブにいつかぜひぜひ足を運んでみてください。


もう一度夜を止めてPV
http://www.youtube.com/watch?v=4abP8efmPjI&hl=ja
涙が君を忘れない
http://www.youtube.com/watch?v=a1ioW0P6Rbg
夜明けまでは
http://www.youtube.com/watch?v=Akc7Lf_PYBo&NR=1
シェリーにくちづけ
http://www.youtube.com/watch?v=_fhYBCiN9CY&NR=1
バラッズ集の試聴&ダウンロード
http://morawin.jp/artist/80312133/PCLG0239/
崎谷健次郎オフィシャルサイト
http://kenjirosakiya.com/



mikiviolin at 04:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | アーティスト紹介