2009年05月

2009年05月31日

宮本三郎記念美術館:音広場Jazz Night

きょうは音広場Jazz Nightというイベントに行ってきました。
宮本三郎

以前から、友人でもあるトランペットの五十嵐一生さんと、ギター小畑さんの共演をぜひ聴きたくてチャンスを狙っていたので、この美術館のイベントを見つけて申し込んでみました。
自由が丘へいったのですが、都会でもない線路脇のローカルな感じなど住宅街という風情が好きです。
一生さんは、彼自身の放つ音や空間に対するこだわりが素晴らしい。エンジニアよりエンジニア、照明屋美術屋さんより照明美術屋であり舞台監督。
彼自身の表現に何が必要で、どの角度でどの照明が、観客から観て何がどう必要なのか全てにわたって知っている、要するにアーティストなのです。
自分を表現するための全てを自分で作ってしまう妥協しない世界観の持ち主。
他にもそういったアーティストに出逢う機会はあって、自分にとってとても素敵なことだと思います。
五十嵐さんに出逢って話をしたことで、自分の中でPA(音響)に対する聴き方や気に仕方が変わったと思います。
ところで!
ライブは超素晴らしかった!
五十嵐さんの音は温かく幸せな明るさが加わって、それも彼のプライベートが充実しているからだなあとしみじみ。愛の力は素晴らしいものですね。
休憩でブラウニーと紅茶をいただき、予定より遥かにオーバーしての2ステージ。
ミンヨンチさんは、チャンゴという韓国の太鼓(日本の鼓を大きくしたような形)とテグムという横笛を吹いてらしたのですが、韓国!という音がしていました。激しい血がそうさせるというような太鼓と笛。
五十嵐さんはトランペットのみならず、相変わらず休みの間もシンバルや小物や太鼓で演奏。
ミンさんが横笛を吹くときは五十嵐さんのたたく太鼓のみとのデュエットに。
すべてが素晴らしく、やっぱり五十嵐さんてすごい!と思いました。
垢抜けたセンスというんでしょうか。
どうやったらあんなに洗練されたセンスになれるんだろう?
彼自身の音や選曲も少し柔らかいものになっていたこと、サポートメンバーが超ベテランなこともあり、ますます落ち着いて自由な演奏をしていました。幸せそうな音がしていること、嬉しかった。
この韓国のたいこは三拍子はいいけど、四拍子ができないという弱点があるとのことで、ジャズを演奏するのにそれをどのようにするかを試行錯誤したと、終わってお話していました。
今夜のギタリスト小畑さんと、ベースの坂井紅介さんは余裕でゆとりの素晴らしい音を奏でていました。

いい夜だった〜〜〜♪♪五十嵐一生




五十嵐一生
http://c.mixi.jp/isseiigarashi
http://www.isseiigarashi.com/
宮本美術館
http://www.miyamotosaburo-annex.jp/
小畑和彦
http://www.geocities.jp/obata_335/
小畑白黒



mikiviolin at 02:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | アーティスト紹介

2009年05月30日

Two Weeks Notice

TWN2





今日は、一生懸命自分の理念に向かう可愛らしい女性の映画を載せてみました。

君は人が相談したくなる空気がある、迷っている時、はっきり決めてくれそうだから。ある方に自分が言われたその言葉を思い浮かべて、自分を客観的にみていたら、ちょうどこの映画が出てきました。
彼女の大切な人達が住むコミュニティーセンター。
その取り壊しをやめてほしいと、ヒューグラント扮する社長に言います。が、ひょんないきさつからコミュニティーセンターを取り壊さないでもらうかわりに彼の会社の専属弁護士に。
http://www.youtube.com/watch?v=OKbXuDqptlg&NR=1

彼らは仕事を通して絆を深めます。
彼女には長く会わない彼がいて、彼は彼で女性と遊んでいます。どの封筒を採用するか、どのネクタイをしていくかまで、彼女はいつでも彼の迷いを決めて行きます。
公私にわたって面倒をみるようになる彼女。
私は、ある方に自分が言われた言葉によって、この映画が違うものに思えました。
観る角度が変わったからです。もっと彼の、もっと彼女の性格と生き方を感じたのです。
人って組み合わせだといつも思ってきました。
けれど本当にそうですよね。どんなに好きでもうまく行かないこともある。
相性とは別に間違って恋を選んでしまうことも若いときにはありますけど。それでも人生に過ちなんてない。全ては未来の自分への、未来の誰かへの大切なレッスン。
その好きな人よりずっと自分を見つめて理解してくれる人もいる。
選択肢は誰でもいつも自分の手中にあります。幸せを見極める力は、その人の生き方そのもののように思います。
この映画の2人はぴったりの相性なんです。
真面目で一生懸命、頭がよくて仕事のできる意地っ張りの彼女と、いつも決められないちょっと自分の意思が弱い彼。
ここからの画像の場面は、彼女が彼の会社を辞めると決まったあとのパーティーの場面から。
美しく女らしいドレスを着た彼女に彼は目を奪われます。
女らしい表情のサンドラブロック。
そしてそして。この場面でノラ・ジョーンズが弾き語りしています♪2人の雰囲気を表すような歌。
http://www.youtube.com/watch?v=QV8urdFzNtY&NR=1

彼の会社に新しく採用された、みるからに女性らしい魅力満載で彼を誘う弁護士の女性。
パーティーのあと彼を誘いキスをして彼の部屋で、日本でいう野球拳(みたいなゲーム)をしていたところを、仕事の話をしにきたサンドラは目撃します。が、部屋に男性が待っているからと笑って動揺を隠し慌てて部屋をでていきます。そのときの彼女の気持ち、よくわかります。サンドラのお別れ会で、次の若い美人弁護士とちょっとした喧嘩になります。それはわかりやすくいうと女としての嫉妬です。新しい弁護士への。ヒューは彼女をとめて、話をすりかえていることを指摘しますが彼女は仕事の話として終わらせます。なんて強情。私は自分がサンドラブロックみたいな気がしてしまいました。認めるのが嫌なんです、そうした自分の個人的感情をね。
いろいろありますが、2人は和解し、ラブコメディーの王道を行くハッピーエンド。
ラブコメが好きなのは、ハッピーエンドだから。
でもね、こういう統計もあります、ラブコメ好きな女性は理想が高くて結婚できない、んですって。
さあ、どうでしょう?
ではパーティーシーンからのエンディング、ちょっと覗いてみてくださいね。
http://www.youtube.com/watch?v=TLTCL9r9FdI&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=5YYbghjMqHc&NR=1

TWN




mikiviolin at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | 映画・エンターテイメント

2009年05月29日

披露宴のリクエスト

美女と野獣



披露宴では、いろんなリクエスト曲をお客様からいただきます。それも知識の源になります。
最近はJ-POPをリクエストなさるお客様も多く、レミオロメンがきたときには、最初はなんだろう?と思いました。
リクエストほやほやの二曲をYou Tubeから載せてみました。
フィルコリンズの声、いいですよね〜。
それからラテンも好きな方が多いですよね〜。
そして婚礼では今も多くリクエストのくるロマンティックなディズニー映画の一場面の曲。
美女と野獣も、不滅の婚礼曲かもしれません。
美女と野獣はアメリカでは同じディズニーのファンタジアを上回る記録を作ったほどの人気映画。
お客様がいて、リクエストがあってそれを喜んでいただくパーティーの演奏は、私達にとっても幸せなひととき。
楽しくロマンティックなパーティーをイメージしてご覧になってくださいね。
皆様なら、どんな曲をリクエストしたいでしょうか。


You'll be in my heart フィル・コリンズ&マークマンシーナ
http://www.youtube.com/watch?v=_VgzWhkwAh8

Cerezo Rosa ペレス・プラード楽団
http://www.youtube.com/watch?v=Te-v7p0MzOw&NR=1

美女と野獣
http://www.youtube.com/watch?v=Bjxv1fhZ-7g&feature=related
美女2

mikiviolin at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | 映画・エンターテイメント

2009年05月25日

百番

2625514a.jpg
大阪の旅でアップしわすれた料亭がありました。大正建築そのままを使っていて、中もなかなか見所満載の建物とききました。写真をみると違う時代にきたような錯覚をおこす素晴らしい優美な内装。
昔遊郭だったことに思いを馳せつつ…。
次は、時間があればこの料亭に食べに行って、内装や作りをみたいなと思っています。


〜お店紹介〜
鯛よし百番
大阪市西成区山王3-5-25
堺筋線動物園前駅徒歩10分
Tel:06-6632-0050
17〜23時
月曜定休日
完全予約制、個室のみ

↓チェーン店なのでこちらのなかから探してくださいね。
http://www.gnavi.co.jp/hyakuban/


mikiviolin at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | お店紹介

2009年05月20日

アランデュカス

9018510d.JPG
437f7d4a.JPG
090e3092.JPG
b8b9f449.JPG
07aeab1f.JPG

7月14日、大阪のアランデュカスのお店でパリ祭の演奏が決まりました。
先日の日記に嬉しいことがあったと書いたのは、そのことです。
昼間ランチタイム、お店は満員です。
そこでバイオリン一本でお客様の席をまわっていきなり演奏してきました〜。
打ち合わせでコースをいただきましたが、濃厚でとっても美味しかったです。

弾いたのは、どんな雰囲気か、どれくらいの音がきこえるか。
様子がしりたいからです。
だからといって、弾くのであればそこにいるすべてのお客様にプレゼントしたい。不公平なく。
一つ一つの席で拍手をいただいて盛り上がり、お店中くまなく周り、ゼネラルマネージャーさんも、雰囲気が全く変わりますね!と、大喜びしてくださいました。パリ祭に向けて楽しみです。
当日は一般のお客様にいらしていただけます。
アランデュカスのお店としてはお得なパーティーチケット8000〜10000円で飲んだり食べたりお楽しみいただける予定だそうです。

どうぞお越しくださいね。
詳細が切りましたらスケジュールにアップします♪


大阪駅
西梅田駅近くのお店です。

お客様の笑顔で幸せなひとときでした。

〜お店紹介〜
LE COMPTOIR de BENOIT
530-0001
大阪市北区梅田2-4-9
ブリーゼブリーゼ33階
Tel:06-6345-4388
http://www.comptoirbenoit-osaka.com


mikiviolin at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote Diary | お店紹介