2015年12月18日

千葉文化会館コルツアホール終了しました♬




千葉文化会館でのミュージックアレンジメントの世界Vol.2
楽しく終了しました♬

前日の嵐のような天気とは打って変わって
晴天

私、晴れ女でこういったイベントは晴れます。


りは千葉文化会館
当日のリハーサル

かよこみきリハ
なんとか撮ろうと四苦八苦していると...
リハ中なのに何度もポーズする本間さん(笑)
ちょっとブレちゃいましたが

そして...リハ後、スイーツのサンドイッチ食べたり
楽しく休憩していると...

二枚の譜面をぴらぴら〜させて本間さん控え室に登場!
「この曲はもしかしてヴァイオリンが入った方がいいと思うの
ま、満面の笑み!
こ、これは!

出た〜!とつぜん曲が増える裏ワザ!
弾いてみると、楽しい美しいメドレー!
参加決定!
このメドレーですが、もしかして中身を増やして来年
千葉みなとクリッパーのトークライブで出来るかもかも?
かもかも?
【業務連絡】ジェラシー部分の譜面もよろしくです(笑)

はい。もとい。

写真 1
本番前
コーラルピンクの可愛いドレス。

あきらマッキー出番前
出陣前の牧原さんと堀越さん。
なにしてると思います?
カメラで自分の姿チェックしている方がっ。
向かって右手に若干1名。

写真 2
数年前に買ったまま着ていなかった黒いドレス。
陽の目をみました。
よかったね

アンコール曲の譜面がみあたらナイ!
いつもならここで牧原さんが譜面を書き書きしますが
今回は私が初の書き書き
なんだか役に立った気がする!

かよこ1
本番、終了!

なんで顔隠すの?と突っ込み入りましたが
実はスナップとっても苦手&おもしろい写真にしようかな〜ってw

私は
トッカータとフーガ with エレクトーン
カッチーニのアヴェマリア with ピアノ
リバーダンス with エレクトーン、ドラム
エマニュエル 全員
情熱大陸 全員
錨を上げて〜ピアノコンチェルトメドレー with ピアノ
A Train 全員
に参加。
エマニュエルは本間さんが良く把握している曲で
テンポ感がオリジナルと同じゆったりさで
メロ部分からはリクエストしていたドラムのリズムで
とても演奏しやすく表現しやすくて気持ちよかったです。

あきらマッキーきゅうり
キュウリの嫌いな2人wifi休憩。

また、エマニュエルはトランペットにバイオリンフィーチャーの曲ですが、
トランペットの牧原さんと一緒にステージで音を出すと
同じ楽器を弾いているような
サウンド感、音程感で感動します。
牧原さんはもちろん素晴らしいアーティストです。
が、素晴らしければ誰とでも合うかというとそうではなく、
それはもう一緒に音を出した瞬間にしかわからない。
それがサウンドするかどうか。
なんです。

ちょっと話がコンサートから外れますが、
もちろんうまいミュージシャンを置けば
ちゃんと普通に当たり前に形にはなります。
それとサウンドするかどうかは違う。
そこが音楽の奥深いところですね。
だからといって、気が合うからサウンドするかというと
また違う。
人が合えば、たくさん回数やればもちろん合わせようとするので
段々合って行きます。
それをしないでサウンドする相性や気持ちよさは何とも言えない感覚で
その感覚はミュージシャンなら必ず覚えているもの。
サウンドしたけど事情があってやらなくなったバンドもあったり、
サウンドするのに人として馴染んでいなくて
合うことに気づかなかったり。
音楽は人を越えることがあるけれど、
人同士は越えない煩悩のある地上の生き物同士なんです。


音楽を通して今迄に色々感じてきたことを又思い返す1日にも
なりました。

まっきーのありは

そうそう!
今回、私だけ、しゃべらない設定!
そのためタイミングがなくなり紹介されないまま進行
入れ替えに出て来た堀越さん、ステージから帰る私を慌てて紹介!ww
そんなアクシデントもライブならではの楽しさです
曲目もシリアスなメニューで、
久々に話さないミステリアス(?)な自分になっていた気がして
それもまた新鮮で好いなあと思いました。

カッチーニでルチア・ミカレッリの弾くエマニュエルのように
眉間に皺が寄りました!
セクシーなルチアを目指せ

本間さんとのデュオが3曲というのもあり、
ちょっとゲストっぽい感じも^^うふふ。
デュオの大曲、おつかれさまでした!
かよこみきのありは

次回の千葉は、本間さん主催のトークライブに
出演します。
来年2016年の5月の2週目の金曜か6月の金曜あたり
@千葉みなとクリッパーです。
トークが主で、最後に20〜30分の
ミニライブをデュオで行う予定。

私のライブは、かなりMCが多いので、
聴いたことのある話も多くなるかもしれませんが、
この日は完全なトークイベント!
演奏以外の音楽の仕事のことなども聴く事ができるかーもしれません。
平日、都内には行かれないという千葉の皆様、
ぜひお越しください。
近くなりましたらMiki Wanatabe Official Siteでご確認ください。


本間さん、皆様おつかれさまでした!

ちょっと長かった!
最後まで読んだ方!
あなたは偉い〜 
ぱちぱちぱち。
ありがとう!


 


mikiviolin at 14:45│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ライブ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔