2013年12月31日

写真家 山本昌男×琵琶美容師 定森正人


 
0001qg
私が初めてベリーショートにしたときの
アーティスト写真です。 
ずうっと前です!

撮ってくださったのは、写真家の山本昌男氏
所有スタジオで撮っていただきました。
いろいろな角度から、二種類の衣装を着てとりました。
この黒い衣装は、母が若い頃、自分でデザインし、着ていたものです。
7分袖で、カシュクールドレス。
0001Zf
そしてカット&パーマは定森正人さん。
ずっとずっとお会いしたかったので
久しぶりにFacebookで再会し、とても嬉しかった。
今は琵琶を奏でる琵琶美容師として、カラーグレス、パーマグレスという
新しい発想で、地肌につかないカラーリングや普通ではできにくい
柔らかいパーマなどで渋谷の神泉のほうでお店をなさっています。

0001Bv
カットは、わかりますでしょうか?
いつもカットのあと家でシャワーを浴びると
細かい砂のようなものが流れ落ちました。
そう髪の砂。
毛量調節もハサミでこまかく調整。
手で少しずつ髪をとってねじり、ピンでとめていきます。

 0001SI
そのあとも何年かしばらくずうっっとショートヘアでした。
私の髪は固くて太くストレート。
パーマをかけずにカットのみで、とても綺麗なヘアスタイルに
していただいたり、マドンナ風にパーマヘアにしていただいたり、
アヒルのお尻みたいに後ろを跳ね上げるカット&パーマになったり
でもそのどれも、ラクチンなスタイリングで終わってました。
洗ったらほぼそうなりましたね。
髪が固くて太いストレートヘアの方でショートにしたいけど
美容師さんがいない、
そんな方にはお勧めします♬

0001lu
このドレスは、オーガンジーのミディ丈のビスチェドレス。
 
来年は、定森さんの琵琶を聴きたいです。
昔からカリスマ性で明るくて、神経が行き届いて
仕事に厳しい、面白い方でした。
情熱派という感じですね。

写真の山本さんの奥様も一回、定森さんのところに
行かれたことがありました。

ずっと前の自分や、ヘアスタイルに出会えると
嬉しい気持ち。
今とちがう自分がそこにいます。

そして、撮影終了後、
0001YE
おわったー!
と、このポーズをすると、

うーん、この写真が一番いいなあ、、
と山本氏。

ゆったりのんびりな山本氏と、
情熱な薩摩美容師、定森氏のコラボ。
だったんだなと、気づきました。

自分の歴史って楽しいです。

 


mikiviolin at 21:44│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote アーティスト紹介 | Diary

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 柴田輝子   2014年01月01日 00:24
5 明けました。おめでとうございます(^O^)/

素敵な服とヘアスタイルです。
本年もよるしく
2. Posted by 渡辺美貴   2014年01月04日 02:08
輝子さん
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔